稀勢の里 逆転優勝!

3月26日(日)に大相撲春場所(エディオンアリーナ大阪)で千秋楽を迎え、西の横綱 稀勢の里が13勝2敗で逆転優勝しました

稀勢の里は初日から12連勝したものの、横綱日馬富士に初黒星を喫した13日目で左肩付近を負傷し救急搬送されました、翌14日目を強行出場しましたが横綱鶴竜に力なく敗れ、12勝2敗で迎えた千秋楽で大関照ノ富士を本割と優勝決定戦で下しての劇的な2場所連続2度目の逆転優勝でした

新横綱の優勝は1995年初場所の貴乃花以来22年ぶりの快挙に茨城県中、日本中が沸きました!

八角理事長(元横綱北勝海)は、逆転で2場所連続2度目の優勝を飾った新横綱の稀勢の里について、「今後に語り継がれる逆転優勝でしょう。本当に大したもの。昨日、一昨日を考えると、こうなるとは思わなかった」と語った

次場所は5月14日(日)から国技館にて!

20170326s00005000312000p_thum