連続テレビ小説 ひよっこ

昨日、4月3日(月)から放送がスタートした、連続テレビ小説 第96作「ひよっこ」は茨城県が舞台です

東京オリンピックが開催された1964年から始まる物語で、集団就職で上京した「金の卵」の主人公 谷田部みね子が自らの殻を破って成長していく姿を描いています

物語のスタートとなる「故郷編」は茨城県北西部が舞台、県内でのロケも行われておりオンエアが楽しみですね

脚本を手掛ける岡田惠和さんは「茨城には日本の故郷の原風景があります。茨城の方に喜んでいただいたり、全国の方に茨城の魅力に気付いていただいたりすることも朝ドラの大きな使命だと思ってます」とのこと

茨城県が朝ドラで舞台となるのは1974年の「鳩子の海」以来、43年ぶりの作品です

是非、「ひよっこ」を毎日の15分の楽しみにしてみては如何ですか!?

ホームページ : http://www.nhk.or.jp/hiyokko/

ひよっこ 画像