ゴールデンウィークの『国民の休日』

ゴールデンウィークは、下記の4つの祝日から構成されています

昭和の日(4月29日)

『昭和の日』は日本の国民の祝日の一つで、1988年まで『昭和天皇誕生日』でしたが、1989年(昭和64年)1月7日の昭和天皇崩御により祝日法の天皇誕生日に係る項を改正し、1986年~2006年まで『みどりの日』、2007年から『昭和の日』となりました、国民の祝日に関する法律では「激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす」ことを趣旨としている

憲法記念日(5月3日)

『憲法記念日』は憲法の制定(公布、施行など)を記念する日で国民の祝日の一つで、1947年(昭和22年)5月3日に日本国憲法が施行されたことを記念して、1948年(昭和23年)に公布・施行された祝日法によって制定されました、国民の祝日に関する法律では「日本国憲法の施行を記念し、国の成長を期する」ことを趣旨としている

みどりの日(5月4日)

『みどりの日』は日本の国民の祝日の一つで、1989年から2006年までは4月29日でした、国民の祝日に関する法律では「自然にしたしむとともにその恩恵に感謝し、豊かな心をはぐくむ」ことを趣旨としている

こどもの日(5月5日)

『こどもの日』は日本の国民の祝日の一つで、5月5日は古来から端午の節句として、男子の健やかな成長を願う行事が行われていた、1948年に制定された、国民の祝日に関する法律では「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」ことを趣旨としている

 

国民の祝日にはそれぞれ趣旨があるのですね~!