茨城県内飲酒死亡事故 2017年4件 全国最悪

茨城県内で飲酒運転による死亡事故が後を絶たない、2016年は21件(死者24人)で17年ぶりに全国ワーストとなり、2017年に入ってからも3月末現在4件(同4人)で全国最悪となっている

茨城県内の飲酒運転の死亡事故は近年増加傾向にあるという、2013年は6件(死者6人)~2014年は13件(死者13人)~2015年は13件(死者14人)~2016年は21件(死者24人)と歯止めがかからないのが現状です

飲酒運転の撲滅に向け茨城県警は2017年、三つある運営重点項目の一つとして「飲酒運転の根絶と交通事故の防止」を掲げ、多くの人が飲酒する機会が増えるとみられるゴールデンウィーク中、取り締まりに当たる交通部門の警察官を通常より増やすなどして警戒を強化する予定だ

皆さま、「飲酒運転」「飲酒者へ車を貸す」「飲酒運転者への車に同乗」など立派な犯罪です!!