高安関 大関 昇進 !

5月31日大相撲夏場所で11勝を挙げた高安関の大関昇進が日本相撲協会の臨時理事会で正式に決まりました

都内のホテルで行われた昇進伝達式で、使者の春日野理事(元関脇栃乃和歌)と片男波審判委員(元関脇玉春日)から全会一致で大関に推挙されたことを伝えられると「謹んでお受けいたします。大関の名に恥じぬよう、正々堂々精進します」と口上を述べました

「緊張した」と苦笑いの新大関だったが「込み上げてくるものがある。この世界に入って、まさか自分がこの場に立てるとは思っていなかった。本当に幸せに思います」と感慨に浸った、「正々堂々」という四字熟語を用いたことについては「自分が1番好きな言葉。堂々とした相撲を取りたい。どんな状況でも正々堂々と戦いたい」と思いを語りました

高安関は三役を務めたここ3場所の勝ち星の合計が大関昇進の目安を上回る34勝となり大関に昇進、大関の誕生はおととしの夏場所後の照ノ富士以来2年ぶり、これで大関は照ノ富士・豪栄道と合わせて3人となりました

茨城県勢としては、稀勢の里関(牛久市)の横綱誕生に続き、高安関(土浦市)の大関誕生とますます盛り上がりますね!

因みに高安関は、お母さんの手づくりビーフシチューが大好物だそうです~!