クボタ 自動運転農機 《アグリロボトラクタ》

5月31日にクボタは『ファームパイロット(Farm Pilot)』シリーズと称したGPS農機第三弾として有人監視下での無人による自動運転作業(耕うん・代かき)を可能にした「アグリロボトラクタ」を業界に先駆けて市場投入すべく茨城県桜川市富谷の農地でデモンストレーションを公開した

「アグリロボトラクタ」は、GPSにより農地ごとの形に対応し最適な作業経路を検出する、速度や耕運の深さ・エンジンの回転数なども車内モニターで設定できる、オペレーターは作業の開始・停止をリモコンで遠隔指示することもでき障害物が近づくと停止する安全装置も装備するとのこと

販売価格は10,000,000円前後で、6月1日からモニター販売を開始、ユーザーからもらった意見や要望をシステムに反映させ、2018年の本格販売を目指すそうです

ク ボ タ H P     :http://www.kubota.co.jp/

日本農業新聞動画:https://www.youtube.com/watch?v=_1GfUNQb5Eg