ヒアリ 24匹

7月16日、茨城県常陸太田市で南米原産で強い毒のある「ヒアリ」が見つかったことがわかりました

環境省によりますと、6月29日に台湾の港を出て7月3日に東京港に到着、7月12日に東京港の青海ふ頭から茨城県常陸太田市にある製造業の事業所に運ばれたコンテナ2つの内部で合計24匹のアリが見つかった、7月16日に専門機関が調べたところ「ヒアリ」と確認された、アリはすべて働きアリで20匹はコンテナ内にあった荷物を包んだビニールに死んだ状態で付着していたということです

海外では強い毒を持つヒアリに刺され死亡する事例も多数報告されている、茨城県内で「ヒアリ」が発見されたことで、多くのフォークリフトをレンタルしている産機リースとしても人ごとでは無い状況となりました...!