常陸多賀駅延伸に期待

日立市が整備を進める旧日立電鉄線跡地を活用したバス高速輸送システム「ひたちBRT」は現在、JR大甕駅から常陸多賀駅まで延伸する第2期工事が進められています

暫定ルートが来春開通し大甕駅の駅舎と西口の完成に合わせ2019年春に専用道を多く含む本格ルートで運行が始まる予定、日立市はBRTをコンパクトなまちづくりの軸に据えており人口が集積する同駅周辺地区への延伸に掛ける期待は大きい

延伸区間の人口は多くバス運行を担う日立電鉄交通サービスは「通勤時の渋滞で大変な思いをしている市民から期待は大きい」とコメントしている

整備費は1期約5億円、2期約50億円で、約半分は国の社会資本整備総合交付金で賄う