桐生祥秀 9秒98!

9月9日、福井市の福井運動公園陸上競技場で日本学生対校選手権が行われ、男子100m決勝で桐生祥秀(21・東洋大)が日本人で初めて9秒98の日本新記録を樹立して優勝しました

レース直後、興奮冷めやらぬ桐生祥秀は「やっと4年間くすぶっていたベストを更新することができた、9秒台を出せて世界のスターラインに立てたかな」と喜びました

風は記録が公認される追い風1.8m、従来の日本記録は伊東浩司が1998年バンコク・アジア大会で出した10秒00、世界記録はウサイン・ボルト(ジャマイカ)が2009年世界選手権ベルリン大会で記録した9秒58です

1983年に9秒97を記録し、世界で初めて10秒台の壁を破ったカール・ルイス(アメリカ)を思い出しました~!