アインシュタインのメモが1億7700万円

10月24日、物理学者アルバート・アインシュタインが95年前に東京に滞在した際に幸せな生活に関する短い自説を記したメモが、エルサレムの競売商ウィナーズのオークションに出品され、156万ドル(約1億7700万円)で落札されました

アインシュタインは1922年に訪日、日本に向かう船上でノーベル物理学賞の授賞通知を受けた、東京の帝国ホテルに滞在していた際に手紙を届けに来た日本人の配達人にチップの代わりとして手渡したのが今回出品されたメモです

縦21センチ、横13センチの帝国ホテルの便箋に書かれたメモには「静かで質素な生活は、絶え間ない不安に縛られた成功の追求より多くの喜びをもたらす」と書かれています

95年前のメモとはいえ、想像出来ない金額ですね

これはイスラエルにおける資料のオークションでも史上最高額とのこと