納豆消費 最高の勢い 粘り強く魅力発信

2017年の納豆消費額は過去最高を記録した2016年をさらに上回る勢いとなっている

安くて栄養豊富な点が節約志向にマッチし最近は高めの商品も健康重視の女性らに売れている

地域や世代間で消費に差があり消費額が昨年最多だった水戸市や業界関係者は粘り強く魅力を発信しています

全国納豆協同組合連合会によると業務用を含む2016年の消費額は推計で2184億円、2011年比で26%増え以前のピークの2004年を超えたそうです

タンパク質やカルシウムが多く、価格は手頃、保存も簡単で「消費者ニーズにぴったり」な為、高齢の単身世帯などでよく売れています

総務省の家計調査では、2016年の1世帯(2人以上)当たりの納豆消費額は前年比5%増の3835円、2017年1月~9月も前年同期を2・5%上回っています

都道府県庁所在地別の2016年の1世帯当たり消費額は水戸市が最多の5563円で全国1位を奪還した、盛岡市の5562円、福島市の5388円と続く