平昌オリンピック【スピードスケート女子500m】小平奈緒が金メダル!

平昌五輪(ピョンチャンオリンピック)で、小平奈緒がスピードスケート女子500メートルで金メダルを獲得しました

最初の種目は女子1500mに出場し1分56秒11の記録で6位入賞を果たす、次の種目は女子1000mは不利と言われるアウトスタートながら1分13秒82をマークし個人種目では初の銀メダルを獲得、「絶対本命」と報道され続けた女子500mにおいてオリンピック新記録となる36秒94を出し金メダルを獲得した、この記録は自身が持つ平地世界最高記録を0秒13上回り平地における初めての36秒台、スピードスケートの女子で初の日本選手団主将として冬季大会初めての金メダリストになりました