茨城空港 韓国定期便復活

6月5日、茨城県は茨城空港と韓国ソウルを結ぶ定期便が7月に就航すると発表しました

茨城-ソウルの定期便は約7年ぶりで、これにより茨城空港の国際定期便は中国・上海線と合わせ2路線となります

韓国のLCCイースター航空が7月31日から火・木・土の週3往復運航する予定、運航ダイヤは茨城行きがソウル仁川国際空港14:00発、茨城16:10着、ソウル行きは茨城17:10発、仁川19:40着、座席数は183~189席で、全てエコノミークラスとなります

就航を記念し6月18日14:00からは片道500円のチケットを初便のみの座席数限定で販売します

通常価格は500~2万8000円の範囲で検討しており、搭乗率は75%以上を目指すとのこと!